Jは犠牲になったのだ・・・

暇人がどうでもいいこととか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
( ゚д゚)ノ オフィサーッ!!
気づいた方はいるでしょうかね
実はタイトルなんですが、さまざまな名言を使用しています(気づいている方はいないはず!
どうでもいいという人は軽くスルーしてくだされ
 
というかこのブログ人気あるのか?

つい先日花火をしてきましたよー (*´ω`) (ちょっと早いかな?
普通の市販の花火(特にコレといって珍しいものはなし)ですね
残念ながら画像はないです(花火に夢中になりすぎて(ry
(鼠花火で友達がやけどしたのはココだけの話w)
まぁ、キレイでしたよ・・・うn
線香花火が散っていくのは切ないですね・・・
以上!


なんか無性に何かについて語りたくなってきたので
語ってみようと思います

漫才について

漫才は主に2名で演じられる話芸だが、3名以上のグループで演じられる場合もある
2名の演者は、ボケ役とツッコミ役と呼ばれる二つの役割に分けることができる

ボケとは非常識な発言である。例えば不条理な理解不能な内容であり、観客に緊張を生じる

ツッコミは異議申立である。常識的な話に対してボケたツッコミで緊張感を生じさせたり、ボケた話に対して常識でツッコミを入れて観客の理解を助けて緊張を緩和させたりする

主にツッコミは手の甲でたたいたり、物を使ったりしてボケに対して指摘をする
ナンデヤネン⊂彡☆))Д´)パーン

ボケとツッコミ
ツッコミがないことにより場がしらけてしまうこともある(経験済み
しかしツッコムことにたいしてボケがあまりにもひどい場合
ツッコム側もいやになるはず
面白くもないのボケをかます人、自分ではうけているとでも思っているのでしょうか
ツッコミに頼り「何とかしてくれるだろうと言う考えがある時点で甘い!
まずは的確なタイミングでうけると確信できるようなボケを身につけるといいかと
(いつでもそのタイミングがあるとは限らないが)
だからこそ自分でそのタイミングを作り出すべき!(難しいことです
僕がいえたことでありませんがね・・・

それと
ツッコミは主に話の筋を進める役だとされているが、ボケ役が話の進行役を担当する漫才師も少なくない

つまりお笑いというものにはさまざまなスタイルがあり、基本的な漫才がかならずしもうけるわけではなく、なにがうけるかは視聴者によってきまるわけで

それとツッコミの方法にもノリツッコミなどもあったりする
ノリツッコミとは、相手のボケを一度「そうそう」などと肯定した上で否定することによって、使い方によっては通常のツッコミよりも大きな笑いがとれる技術であると、される

できるだけ短くまとめたつもりですがずいぶん長くなりました^^;
最後まで読んでくれた方には (,,´∀`p【゚*。+゚☆謝々☆゚+。*゚】q´∀`,,)

何故いきなりこんなことについて語りだしたかといえば
最近僕の周りの人がボケることが多く、なぜか僕にツッコミを入れてもらいたそうな目で見てくることが時々ある、そのボケがあまりにもヒドかったりする場合があるわけで
なのでそのことについて語ってみようかと思ったり、思わなかったり
まぁ、まだ中学生だし漫才などという、たいそれたレベルとはほど遠いものですがねw

まぁ、とにかく書くことが山ほどあるんですがこれ以上かくとクソ長くなりそうなので
この辺で
それではバイバイヾ(・ω・ ).....ポチッ! □_ρ(-ω-。) OFF

PSあまりにもボケがひどい場合のオススメのツッコミ方↓
  
ナンデダヨ( ´Д`)=○ )`ъ')・:'., ブハッ    しつこい場合→ダマレ(o゚ロ゚)┌┛Σ(ノ´*ω*`)ノ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。