Jは犠牲になったのだ・・・

暇人がどうでもいいこととか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
あることを思い出したので書いてみる
実は先週の金曜日(クリスマスですね)に給食でナンと!ナンと!ナンと!
ナンがでました~w
ナンでクリスマスにナンが出るんだ?
と思いながらも食べてみましたけど(ちゃんとカレーもありますよ)
まあ普通の味ですね
不味くはないけど、旨いかって言われるとちょっと、、、
安物ですしねw(本格派!本場と同じ手伸ばし製法!だのなんだのとか書いてあったが・・まあいいかw
でもよくよく考えてみるとナンの旨い、不味いってナンナンだ!?(すいません
何回かナンは食べたことあるんですけどそれと比べるとやっぱりね
第一比べること自体があれだな、うん

でもそもそもナンって味自体はそこまで変わりないかな(もしくは俺の味覚が狂ってるか
食感とかそこらへんでってことかな

さっきからナン、ナンってしつこく書いてるせいか腹が減ってきたな

ナンについて(引用)
ナン(ペルシア語 نان nān ナーン、ヒンドゥスターニー語 nān / नान / نان ナーン、タミル語 நான் nān、英語 naan/nan ナーン/ナン)は、インド、パキスタン、中央アジアのタジキスタン、中国新疆ウイグル自治区、ウズベキスタン、アフガニスタン、イラン、クルディスタンなどで食べられるパンである。

元々はペルシア語。平たく楕円形で、大きな草履のような独特の形をしていて、所々ぽこぽこ膨れている。ウイグルのものは丸いものも多い。ウイグルのギルデ・ナーン(girdeh nān)は中央に穴があいており、ベーグルとよく似ているが、焼く前に茹でない点がベーグルと異なる。

609px-Naan_shiva_convert_20091227213809.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。