Jは犠牲になったのだ・・・

暇人がどうでもいいこととか書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ある日、ある朝、ある一家で、ある小さな出来事がおきたそうな
少年はいつもどうりに目が覚め、いつもどうりに顔を洗いに洗面所へ行こうとすると
なぜだろうか
足元にはカサカサとなにか黒いものがうごめいている
少年は重たいまぶたをしっかりと見開き、それが何か確認しようとした
どうやら生き物らしい
そいつはカサカサ動き回り今にも少年の脚を上ってきそうな勢いでこちらに向かってくる
見た目は黒い、漆黒の黒だ
たとえて言うなら暗黒物質(ダークマターでおkb)とでもいうべきか

そんなことを思っていると黒いそいつはグングン迫ってくる

そのとき少年の頭の中に嫌なものが浮かびあがってきた
黒々としたボディ!長く細い触角!怪物を思わせる6本の脚

そう!Gだ!
少年の面の前に突如姿を現したのはあのGだったのだ!

そのことに気づいた少年はとっさにその場を離れようとした
しかし!
時、すでにおそし
・・・

もう、なんかめんどくせえ
勝手に書き出しといて勝手にこんなこと言い出すのもあれだけどさ
なにやってんだろうね 俺
文章力が限りなく0に近い僕がこんなこと書いてても仕方ないので
結論から言うと
黒いあれが出てきたんだ あれだよ G!
もうね、無理

コイツに勝てる人はなに?ネ申ですか?ッて感じだよ
嫌いなんだよね G

もうGって表記もあれだし、便所コオロギとでも書いておこうか(ぇ

まあなにはともあれ全て親に任せて万事解決しました
いあー、よかったー

( ;∀;)イイハナシタ(ry

これ以上書くとどうでもいいことばっかになるのでこのあたりで終いにしよーか
















スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://psp41.blog115.fc2.com/tb.php/95-03c81467

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。